2019年 平成31年 方位盤
トップ → 2019年の方位盤
☆ 2019年 平成31年 己亥八白土星 ☆



平成31年の運勢

 最後の平成、31年は己亥八白土星である。風水上は八白土星が方位盤の中心にいるため、住まいの中心に良い運気が集まっている事を表している。

 最大吉方位である恵方は甲であるので、真東より15度程度北を向いたあたりになる。その恵方は、全ての願い事に効力を発揮する方位と言われている。

 最強の吉日である天赦日は、
2月10日、
4月11日、
6月26日、
9月8日、
11月7日、
11月23日である。

 今年の干支は己亥である。己はおのれを表しているため、運が良くなるか悪くなるかは本人次第と言うことになり、 己の文字の歴史からすると、利己心を捨て、筋を通し規律を守れる人が吉運を得る年となる。

 亥は核を表す事から、運の波に乗れば爆発的に成功できる可能性があるという事だ。ただ亥は地核も表している事から、自然災害には世界的に気を付けなければならない。 八白土星には変化や改革、終わりと始まり、絆や相続などの意味がある。

 今年は規律を守りながら己を改革できる者が、時の運勢や天の恵みに預かれる年となるであろう。