結婚運について
山口開運堂
天干星による結婚運について

比肩

比肩を持つ人の結婚運は、順調というわけにはいきません。 愛情にさっぱりしていて愛する事も甘える事も下手です。 比肩を持つ男性は心の器が広いのですが、 自分の言うことを聞かない女性に対しては無視をしやすい傾向があります。 女性はしっかりしているところが、男からすると可愛らしくないと見られ愛されない傾向があります。 20才前後で結婚するか、30才を越えての結婚が多いようです。また男女とも別れる決断は早い方です。

劫財

劫財を持ち人の結婚運は、良い時と悪い時がはっきり現れる運勢です。 情熱的で一目惚れしやすく、好きな人には徹底して愛し抜きます。 ただ自分の欲望を相手に押しつけやすい傾向があり、 嫌いになった時には恨み事をいつまでも思い続ける傾向もあります。 良いときには理想的な関係を作り出しますが、長続きしない事が欠点です。

敗財

敗財を持つ人の結婚運は、積極的な性格の持つ主ですが、 こと結婚に関しては消極的になりがちです。 親の事を考えたり、周りの人に気を使って、好きでもないのに仕方なく結婚する事があります。 また相手に言い寄られ、断り切れずに結婚に至る傾向があります。 男性の場合は独占欲が強く、自分の思い通り相手を動かそうとします。 それが行き過ぎるとトラブルの原因を作るでしょう。 女性の場合は自分から身を引いてしまう傾向があり、それが夫婦関係を深められない原因になっています。

食神

食神を持つ人の結婚運は、異性を引きつける運勢があることから、 20代前半には結婚をしている人が多いようです。 会話や家庭生活も順調に運びます。家族全体を穏やかな雰囲気でつつみ、 いつの間にか家族をまとめてしまう運勢があります。 基本的には円満な家庭を築くことができる運勢を持っています。 ただ欠点もあります。それは異性の誘惑に負け浮気をしやすい傾向があることです。 誘惑の多い環境にさらされた場合、ブレーキが効きにくい運勢です。その事が原因で夫婦仲が変わる人もいます。

傷官

傷官を持つ人の結婚運は、早く結婚する人と晩婚になる人に別れます。 早く結婚した人は深い情関係を結ぶことができますが、トラブルも多い傾向にあります。 相手の欠点が見えてしまい、それを許す事ができず、欠点を指摘して自らトラブルの原因を作るようです。 場合によっては離婚の可能性もあります。 晩婚の方は離婚する可能性は低くなりますが、深い信頼関係を結ぶことができにくい傾向にあります。 自分の殻を脱ぐ事ができず、心を相手にゆだね切れないことが欠点になるようです。

偏財

偏財を持つ人の結婚運は、情熱的に相手を愛します。 配偶者だけではなく家族に対しても良く尽くします。 ただ人に対しては一生懸命でも、物に対してはルーズです。 後片付けが下手であったり、お金はあるだけ使ってしまう傾向あります。 特に愛した分の見返りがないとファッションや趣味にばかり関心が向き、そこにお金を流す事になります。 偏財を持つ女性の結婚運は吉運になりますが、男性は吉運とは言えず、少し凶運に傾く傾向があります。

正財

正財を持つ人の結婚運は、家庭を上手にまとめる運勢があり、 配偶者に対しては素直に接する事ができ、 子供に対しては優しさと厳しさを両方兼ね備えて接する事ができる運勢を持っています。 お金もしっかり貯めますので、正財を持つ女性は結婚運がとても良いと言えます。 ただ異性に対して積極的にアプローチできるタイプではないので、婚期が遅れる傾向があります。 紹介を頂いたり、お見合いも良いと思います。

偏官

偏官を持つ人の結婚運は良いとは言えず、どちらかと言うと悪い方です。 特に女性が偏官を持った場合には、結婚には気を付けなければなりません。 何気なく生活をしてしまいますと、周期的にトラブルが発生します。 男女共積極的で情が深く魅力的な所があるため、早くから結婚する人が多いようですが、 別れてしまう人も多く、結婚がなかなか安定しにくい運勢です。 30才を過ぎて再婚してから落ち着く傾向があります。

正官

正官を持つ人の結婚運は、お互いの個性を認めあえる結婚生活と言えるでしょう。 礼儀正しさの中に愛情があり、仕事や地域活動などの社会性を重要視した家庭になります。 子供の教育にも熱心な家庭となるでしょう。
  正官を持つ男性は、結婚までは積極的にアタックしますが、結婚後は仕事に専念する傾向があります。
  正官を持つ女性は、家庭生活と仕事を両立できる運勢があります。

偏印

偏印を持つ人の結婚運は、早婚と晩婚の2タイプに分かれます。 25才までに結婚した場合は夫婦関係がスムーズに運びます。 それ以外は結婚が35才を過ぎたり結婚ができない事もあります。 お見合いをしても中々決断できず、婚期を逃してしまう傾向があります。 偏印が持つ共通の課題は、子供ができにくかったり、子供にトラブルが起きやすい運勢を持っている事です。 子供が成人するまでは注意が必要です。

印綬

印綬を持つ人の結婚運は、棚ぼた式の結婚になる傾向が強くあります。 突然すてきな人が現れ、猛烈にアプローチされすぐ結婚に至るとか、 周りから強烈に勧められて嫌々結婚してみたところ、とても良い人だったとか。 自分の感情意外に別な力が働いて、結果的に良い結婚ができたりします。 逆に言いますと、自分の気持ちばかりを優先していると婚期を逃してしまう傾向があります。